医療事務の需要と将来性

医療事務の需要

医療事務という職種は、実はずっと以前からあったものではありません。

その昔、現在の医療事務の仕事は、医師や看護師などが兼任して行うものでした。医療機関における事務仕事のみを専門として行う人材を置いている機関はほとんどなかったのです。

ところが、現代における高齢化や医療現場の複雑化などにより、医師や看護師の人手不足が叫ばれる中、医療事務にまで手が回らなくなっているのが現状です。

そこで、医療機関の事務や経理を担当する医療事務が誕生したのです。

医療事務の存在により、医師や看護師は本来の仕事に集中することができ、負担が大幅に軽減されるようになりました。

現在では、規模の大きさに関わらず、どんな医療機関でも医療事務は必要とされているため、医療機関の数だけ需要があると言えます。

医療事務の将来性

日本は典型的な少子高齢化社会となっています。

高齢化社会は、65歳以上の人口が、総人口の何割を占めているかによって3種類に分類されていますが、日本はその中でも、最も高齢者人口率の高い超高齢化社会(高齢化率21%以上)に2007年付けで認定されました。

高齢化が進むにつれ、高齢者の医療費はどんどん増え、さらに病院にかかる患者の数も比例して増えていきます。

一方で、医療現場に携わる人材は減り続け、人手不足は深刻になる一方です。

そのため、医師や看護師が自分の仕事に専念し、少しでも多くの患者を診ることができるよう、事務や経理を行う優秀な人材が必要となってくるのです。

現在、日本の高齢化は留まるところを知らず、2055年には高齢化率が約40%にまで増加するのではないかと推測されています。

この高齢化に対処するため、近年では医療と介護の両面からいろいろな改定が進み、ますます制度は複雑化していく傾向にあります。

そのため、医療現場を円滑にし、効率よく回転させるために必要な医療事務の仕事は、今後さらに社会において必要とされる職業となっていくでしょう。

⇒資格取得ならユーキャンの医療事務講座

ユーキャンの医療事務