医療事務の職場

医療事務の職場

医療事務の職場はその名の通り医療機関です。

医療機関=病院というイメージがありますが、医療に携わっている機関はすべて医療機関と呼ばれるので、その種類は多岐に渡ります。

医療事務は原則として医療機関すべての事務業務に携わることができますが、求人数には偏りがあるのが現状です。

・病院

病床数が20床以上ある医療機関で、内科・外科・小児科・産婦人科など、さまざまな診療科があります。

病院の規模が大きくなればなるほど医療事務の仕事は細分化されるため、ひとつの業務を専門として行うことが多くなります。

病院にもさらに種類があり、一般病床や療養病床を持つ一般病院から、精神病床のみを持つ精神病院、感染症病床のみを持つ感染症病院などがあります。

・診療所

病床数が19床以下あるいは全くない医療機関(無床療養所)を診療所と呼びます。

医院やクリニックと呼ばれる医療機関も診療所に当たります。

病院と異なり、医療事務員数は1~2名程度の少人数制であることが多く、そのぶん、医療事務の業務全般をオールマイティにこなす力量が求められます。

・歯科医院

歯科医療を専門とした医療機関です。

医療事務全般に精通した人材が求められるのは診療所と同じですが、歯科医院と診療所の大きな違いは、医療事務と同時に、歯科助手として診療補助を行うところです。

たとえば、診療に関する準備や、診療中に歯科医師に診療器具を渡したりします。

そのため、レセプト作業まで手が回らず、外部委託している医院も多数存在します。

・調剤薬局

病院や診療所などで作成された処方箋をもとに、薬を調剤し、患者に渡す医療機関です。

薬剤の調剤は薬剤師が行いますが、患者のカルテや薬代などに関する事務作業は医療事務が行います。

以前は薬剤師が事務業も兼ねていましたが、近年の医薬分業の進展に伴い、調剤薬局での医療事務の需要が拡大しています。

・医療事務代行業者

前述した歯科医院のように、最近では医療事務を外部委託する医療機関が増えてきています。

医療事務代行業者は、医療機関から委託を受け、代わりに医療事務を代行する業者のことです。

医療事務代行業者の社員は、実際に委託を受けた医療機関に赴き、事務全般の作業を行います。

・その他

上記に挙げた機関のほかにも、まれですが医療事務の求人を行っている機関が存在します。

たとえば、夜間や休日に診療を行っている救急診療施設や、提出されたレセプトを点検する国や自治体などのレセプト点検部署。そのレセプト点検部署から委託を受けるレセプト点検代行業者や、地域住民の健康増進を目的とした研究および指導を行っている健康増進センターなどでも、医療事務人材を募集している場合があります。

⇒資格取得ならユーキャンの医療事務講座

ユーキャンの医療事務