医療事務の就職と求人

就職先の見つけ方

医療事務として就職したいと思った場合、就職先の見つけ方にはいろいろな方法があります。

それぞれの方法を有効活用することで、就職先の選択幅が広くなり、より自分に合った就職口を見つける可能性が高くなります。

従来の方法に加え、最近はインターネットでも求人を探すことができるようになっていますので、便利なアイテムはどんどん活用するようにしましょう。

・ハローワークで探す

医療事務のみならず、さまざまな求人情報を探すには、公共職業安定所、つまりハローワークが基本となります。

ハローワークの最大のメリットは求人数の多さにあります。

求人雑誌や新聞広告の場合、求人募集をかけるには一定の料金がかかりますが、ハローワークでは求人に一切お金がかかりません。

そのため、求職にお金をかけたくない中小企業や零細企業なども入っているので、雑誌や新聞よりも求人数が多くなっています。

現在はハローワークインターネットサービスにより、自宅からハローワークの求人情報を検索できるようになっています。

・医療事務講座を持つスクールに斡旋してもらう

医療事務の資格を取得するのに、専門のスクールなどに通った人は、資格を取得した時点で、スクールから就職の斡旋を受けることができる場合があります。

医療事務講座を持っているスクールは、その性質から全国の医療機関と提携していたり、同系列に派遣会社などを保有していたりするため、スクールの生徒に対し、適切な就職口を紹介してくれるサービスを行っているところもあります。

医療事務の資格を取ろうと思っている人は、就職斡旋サービスを行っているかどうか、事前にチェックしてみるのもよいでしょう。

★医療機関で働きたい!生涯活かせる確かな資格 >>> 『がくぶん』の医療事務講座

・学校の就職課で探す

短大や大学、専門学校などには、通常、新卒者向けの就職課が設置されています。

この就職課には、その学校の専門学科に関わらず、さまざまな求人情報が寄せられます。

そのため、医療系の学校ではなくても、医療事務の求人情報を就職課で入手することが可能です。

就職課は学生が最も利用しやすいサービスですので、ぜひ活用するようにしましょう。

・新聞や広告で求人情報を探す

新聞には求人欄のほかに、折込チラシとして求人情報が掲載されている場合があります。

たいていの場合、毎週日曜日に広告が入っていることが多いため、新聞を購読している人は毎週チェックしてみることをおすすめします。

ただし、求人数は求人雑誌などに比べると少ないので、他の求人方法のプラスアルファと考えていたほうがいいようです。

・求人情報誌で探す

書店で販売されている求人情報誌や、店舗内や街角などにおいてある無料の求人情報誌(フリーペーパー)を活用するのもひとつの方法です。

求人情報誌に比べ、フリーペーパーはページ数が少ない=求人数が少ないのが難点ですが、地域密着型であることと、ほとんどの情報誌が毎週更新されるため、毎週新しい情報をチェックできるのがメリットです。

インターネット版としてウェブ上で検索できるものもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

・派遣会社に登録する

近年、医療機関は医療事務の仕事を外部に委託することが多くなっています。

そのため、派遣会社には医療事務の求人が多くなっているので、派遣会社に登録しておくと、自分の希望に見合った職場を紹介してくれる可能性が大です。

また、一定期間派遣社員として勤務した結果、派遣元と派遣先が合意すれば、正社員登用になる場合がありますので、正社員希望の人も、派遣会社に登録しておくことで、道が拓ける場合もあります。

〈おすすめ! 医療系の派遣会社〉